効率良く学力向上を目指すことを頭に入れておく

つまずかないようにする

中学に進学して、定期テストの点数が伸びなくなった、と感じる保護者の方は多いのではないでしょうか。小学校のころのテストとは異なり、中学の定期テストは試験範囲がかなり広くなり、レベルが難しくなります。

→詳細を読む

個別指導塾の実態

個別指導のスクールIEといえば全国展開をしている老舗塾の一つです。 現在は個別指導の塾も増えてきています。個別指導塾もCMで宣伝しているので多くの人が知っています。

→詳細を読む

金額と現状

予備校に入学することは多額のお金がかかるとされています。平均的には毎月数万円かかります。もちろん一年通うことになるのですから、年間では数十万円から数百万円単位のお金がかかるのが一般的です。

→詳細を読む

英語学習の今後

大学受験では主に読み書きの能力を問われていました。一部の大学を除き、リスニングの試験は課されていなかったのです。そのため、予備校の英語の授業にもリスニングの講義はありませんでした。

→詳細を読む

選び方と費用

塾と家庭教師のどちらを選ぶ

子供の学力向上のために塾に通わせるか家庭教師を雇うことが一般的です。家庭教師にもメリットはいくつかあり、例えば分からない所をマンツーマンで教えてもらえます。ただし塾と異なって、勉強に集中できないことがあります。自分の家なので、自分のゲームやマンガ本などが出してあれば、それに気を取られてしまうこともあるでしょう。塾だったら、そういったものは一切置いてないので勉強だけに集中できます。また家の中で勉強していたら、他の家族の声は近所からの騒音などに悩まされることもあるでしょう。勉強をする環境としては塾の方が良いと言えます。

学費の面から考えてみる

塾と家庭教師は学費が異なっていますが、一般に家庭教師の方が割高になっています。先生に交通費を払ったり、やや高額な教材を買わなければならないこともあります。もちろん、交通費や教材は必要なものなので、それにお金を払うのは悪いことではありません。しかし受験などを含めて、子供にはたくさんのお金が必要になるので、できるだけお金を節約したいと考えるのは親の自然な感情です。学費の面から考えると、塾の方が良いのかもしれません。ただし経済的な余裕があって、子供のために十分なお金を使えるなら、家庭教師を選んだ方が良いこともあります。塾まで行く必要がないというは家庭教師のメリットの一つです。いろいろな点を考慮に入れたら、家庭教師よりは塾の方が子供を行かせやすいです。